ビュー:

CDP活動分類システム(CDP-ACS)は、2018年から企業にセクター固有の質問を割り当てるために開発されました。CDP-ACSの枠組みは、企業が収益を得ている事業に焦点を当て、気候変動、水セキュリティ、森林減少対する企業のバリューチェーン全体への影響と関連付けることによって分類を行っています。 

本システムは、質問書の割り当てに使用されています。企業が特定のセクター別質問書に割り当てられるためには、当該セクターにおいて売上の20%を得ている必要があります。セクター別質問書に該当しない場合には、企業は各テーマ(気候変動、水セキュリティ、フォレスト)の一般の質問にのみ回答することとなります 

 

CDP-ACS は「活動」「活動グループ」「産業」の三層構造になっていますCDP-ACS の全セクターリストはこちらですセクター別のアプローチにより、CDP は各セクターの特徴などを反映し、企業の対応についてより意味のある評価を 行うことができます。この結果、企業の環境スチュワードシップの進捗状況を反映したスコアが得られ、他社とのより良い ベンチマーキングが可能となります。 

尚、スコアリングは主要な質問書セクターについてのみ行われます。つまり、一つの 企業が複数のセクター質問書に該当する場合、すべての回答がスコアリングされるわけではありません。セクター別の質問には、どのセクターに該当するかが明記されています。ただし、企業には該当するすべての質問に回答することをお勧めし ます。 

 

CDP-ACS 割り当ての選択または変更

ダッシュボードでCDP-ACS 割り当てをご確認することができます。投資家要請を受けている場合には、CDP側で事前にCDP-ACS割り当てがされています。他の要請元要請企業については、ダッシュボードで選択/変更するかを選択できます。 詳細なガイダンスについては、CDP 質問書の有効化 記事を参照してください。   

 

サプライチェーンメンバー(顧客)からのみ要請がある企業は、以下の選択・変更操作が可能です:

  • CDP に初めて回答する場合は、質問書有効化のプロセス中にCDP-ACSを選択
  • 有効化後にダッシュボードから CDP-ACSの変更

投資家要請企業で、CDP-ACS割り当てを修正する必要がある場合には、ヘルプセンターのマイサポートからお問い合わせください。   

 

次の記事(英語版)もご参考になれば幸いです。

 

お問い合わせ内容の回答説明が見つからない場合は、マイサポートからサポートチームにお問い合わせください。マイサポートへアクセスするには、サインインする必要があります。  
新規ユーザーの方は、こちらからご登録いただけます。サインインされましたら、ページ上部のリンクからヘルプセンターをクリックし、マイサポートへお進みください。